Love-kakeru

【世界一危険な動物園】ルハン動物園への行き方㏌アルゼンチン

time time 更新日:  time 公開日:2019/03/17

【世界一危険な動物園】ルハン動物園への行き方㏌アルゼンチン

アルゼンチンのブエノスアイレスにあるルハン動物園は、トラやライオンと触れ合えることで世界一危険な動物園として知られています。

ガイドブックやブログでは少し複雑なアクセス方法が記載されていることが多いですが、実際に行ってみたらシティからバス1本で簡単に行くことができたので紹介したいと思います。

アクセスも簡単で、スタッフも優しく想像以上に楽しめる動物園なのでブエノスアイレスへ行く際は是非足を運んでみることをおすすめします!

 

sponsored link

ルハン動物園への簡単な行き方

シティからルハン動物園へ行く方法は、

  • ツアーに参加して行く
  • バスに乗っていく
  • 市バスを乗り継いでいく
  • レンタカーで行く

の4通りの方法があります。

 

この中で一番簡単に安く行ける方法はシティからバスに乗っていく方法です。

ガイドブックやブログではチャージ式の交通カード「SUBU」を購入して、「プラザイタリア」という駅から57番のバスを乗り継いで行くという方法。

しかし57番のバスが捕まえにくかったり、時間通りにこないこともしばしばとのこと。。。

 

そこでブエノスアイレスのインフォメーションセンターの人にルハン動物園への行き方を尋ねてみたところ、なんとシティから直通バスが出ているとのこと!

AMI

こんな情報があふれている時代になんでこの行き方がウェブで探せなかったのか!

 

直通バスのバスターミナルはブエノスアイレスのシンボルとなる7月9日大通りの白い塔の地下から。

インフォメーションセンターの人は白い塔の下と説明してくれたのですが、マンハッタンにある大通りよりも広い7月9日大通りの白い塔の下は広い。

歩けど歩けど見つからず・・・

ついに発見したのがこちら。

ありましたバス停の近くに。

何度も近くを通っていたのになぜ気付かなかったのか(´;ω;`)

ここから地下に入り右に右に曲がってまっすぐ先の3番のバスターミナルから出ているのがルハン動物園行きです。

 

こちらの「Febe Bus」さんがバスを出しています。

バスターミナルの場所と料金、おすすめのバス時刻

料金

料金は往復で230アルゼンチンペソ(日本円で約650円)です。

※バスの料金にルハン動物園の入場料(900アルゼンチンペソ/約2500円)は含まれません。

※バス料金の支払いは現金のみとなります。

 

バス時刻

シティ→ルハン動物園

  • 午前8:30
  • 午前9:30
  • 午前10:30
  • 午前12:00

※おすすめは午前8:30のバスです。

早朝は動物園がすいていてがら空き状態なので、写真撮影も時間をかけてゆっくりと楽しむことができます。

動物も活発に起きているので、素敵な写真を残すことができます。

 

ルハン動物園→シティ

  • 午後2:45
  • 午後3:45
  • 午後5:45

となっています。

 

※帰りのバスの時刻は行きのバスを降りるときに行きのバスの運転手さんに伝えるので、あらかじめ何時間滞在するかによって帰りのバスの時刻を決めておく必要があります。

動物園のスタッフによるとルハン動物園の平均滞在時間は3時間のようです。

 

朝一番のバスですいている時間に滞在するのであれば、午後2:45のバスで十分です。

ちなみに私たちは余裕をもって朝一のバスで向かって、3:45のバスを予約しました。

結果2時間ほどで全てを見終われるところをかなりゆっくりと時間をかけて周りましたが、2時頃には暇を持て余し2時半に入場口のスタッフに1時間早いバスに乗れるかどうか聞いてみることに。

親切なスタッフはバス会社に電話をかけて対応してくれましたが、座席に空きがないとのことで予定変更できず。

入口のベンチで公園内をのびのびの歩き回るニワトリを見ながら1時間優雅な時間を過ごしました(笑)

 

その他の行き方との比較

ちなみにシティ内にはたくさんのツアー会社も点在しており、ツアー会社を通して予約することもできます。

とあるツアー会社のルハン動物園へのツアーはこんな感じです。

ご参考までに。

sponsored link

コメント

down

コメントする